女の人

妊婦は便秘を発症しやすい|生活習慣から改善しよう

便秘の解消方法

妊婦

妊婦にとって便秘は大きな悩みです。原因はホルモンや水分不足などがありますが、こまめな水分補給や運動によって解消することがあります。それでも解消しない場合は、病院で妊婦でも飲める便秘薬を処方してもらうのが良いです。

View Detail

快適な妊娠生活のために

女の人

妊娠すると、妊婦便秘になりがちになりますが、食生活を見直すことで改善に効果が期待されます。しかし、それでも改善しない場合は、かかりつけの産婦人科医に相談して薬をもらうのも1つの方法です。快適な妊婦生活を過ごすことも大事です。

View Detail

妊娠中に取り入れたい食品

妊婦

妊婦になるとどうしても便秘になりやすくなってしまいます。便秘を予防し、便秘になった時には食生活などを見直し早めに対処しましょう。適切な量の水分補給と食べ物からの食物繊維の摂取を心がけましょう。市販の食品をうまく活用することもお勧めです。

View Detail

食物繊維の多い食事を摂る

笑顔の女性

排便のコントロールが大切

妊婦は、便秘になりやすい傾向があります。それには、ホルモンが関係しています。妊娠期は、女性ホルモンが多く分泌されます。女性ホルモンには、大腸の動きを鈍化させる働きがあるので、便秘に陥りやすくなります。また、大きくなった子宮が腸を圧迫して便の通りを悪くすることもあります。しかし、便秘を放っておくと、便によって膨らんだ腸が子宮を刺激して収縮する要因になります。陣痛前の子宮収縮は、胎児に負担がかかるため、便秘の予防をすることは妊婦にとって大切だといえます。便秘を予防するためには、毎日便を出す習慣を付ける必要があります。その方法は、便意がなくても、とりあえず便座に座ることです。そうすれば、反射的に排便が促されて便が出ることがあります。

胎児が居心地の良い環境に

便秘の解消には、排便の習慣を身に付けるほかに、適度な運動と食物繊維の多い食事が大切です。しかし、妊婦は体調の変化が激しいので、運動や理想的な食事の実現が難しいこともあります。そのような場合には、便通の改善薬が有効です。妊婦に適した便通の改善薬は、優しい効き目で自然なお通じが出ます。もちろん、副作用の心配がないので、妊婦と胎児に対しても安心です。薬を服用することによって、排便で腸がすっきりして子宮を圧迫しなくなります。それによって、子宮収縮の要因が排除されて、胎児が居心地の良い環境に整います。ゆえに、便秘でお腹が苦しいときは、すみやかにかかりつけの産科を受診して、医師の指示を仰ぐ必要があります。